讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
カテゴリ:勉強中( 19 )
|
2014年 09月 12日 |
b0090654_328672.jpg里帰りしていた間に購入し、船便で送った荷物が届きました。
嵩張るものや重いものがメインなので、衣類や本などがほとんどだったのですが、その中でも特に待ちわびていたのが、これ。
そう、韓国語のテキスト(CD付き)です。

カナダでも韓国語を学べるところはあると思うのですが、基本は『英語で学ぶ』という状態なので、せっかく文法的にも言語的にも日本語と似ているところが多いのにわざわざ英語経由で勉強するのもなーと躊躇していましたら、我が手作り石けんの師匠が韓国在住ということで、『お手伝いしますよ』とおっしゃってくださいまして。
そして薦められたのが、この本です。
日本の本屋さんに行けば、びっくりするくらいたくさんの韓国語の本があり、逆にどれがいいのか分からなくなりそうだったところ、ご本人が学ばれた先生の著書ということで、どういう教え方をしているか知っているので疑問点にも答えやすいかと思います、とのこと。
CD付きなので、テキストに沿って音も学ぶことが出来るし、聞いたことをハングルで書くことは出来ないまでも、言われたことを理解したり、少しでも(韓国系スーパーの店員さんとかとでも)言葉を交わせるようになれるといいなあと思います。
[PR]
2014年 06月 27日 |
外国語を習う上で、便利なのが翻訳サイト。
ある程度英語がわかるので、そういう機械の翻訳があんまりあてにならないということは重々承知してはいたんですけど。
それでも、基本的なものは頼ってもいいんじゃないかと思っていたんです。

んが。

『引っ越し』という意味の이사を、『取締役』って…。
や、確かにそういう意味もあるらしいんですけど。
ちゃんと前後に主語や述語とかを入れれば正しく訳してはくれるんですけど。
でも単語だけだと出てこないんですよねえ。
さらに『どうか』、英語ならばpleaseにあたる제발なんて、『ご』ですよ、『ご』!
確かに間違っちゃいないと思うけど、でもなー…。

とりあえずは地道に辞書で調べるしかないかな、うん。
[PR]
2014年 06月 17日 |
当たり前のように、ずっと使ってきている自分の『名前』。
両親その他に、数ある選択肢からいろんな理由で選ばれて与えられた、でも唯一生まれてから死ぬまで、きっと死んでからも、自分というものを現してくれるもの。

私の名前は、日本の戸籍では平仮名表記です。
日本にいる時には、書類を作ってもらう時に面倒な説明が不要で便利ではあった(むしろ通常では漢字にされるものも平仮名なので、逆の間違いは多かった)んですが、カナダ(海外)に来てからは、むしろ『日本人の名前(漢字)には意味がある』と認識されているので、『ひらがななんで意味はないんです〜』なんて言えるわけもなく、一番一般的に使用されている漢字の意味を借りて言い逃れてきました。
日本語ならなんとか、英語も学生時代は赤点すれすれ低空飛行で得意ではないからいまだにいっぱいいっぱいという状態ですが、名前だけに関すれば、一番簡単な英訳では花の名前が使え、ロシアを含む東欧語では世界的に有名な方(男性ですが)の名前でもあり、さらに移民国であるカナダでは東欧系の綴りにすれば英語でも通じる名前になるということで、レストランでの順番待ちなどで使う時には相手が聞き返さない程度に誤摩化して使う術も取得しています。

で、嬉しいことに、ここ最近勉強中の韓国語でも、音の全てではないのですが、ちゃんと意味があると判明しました。
ハングル表記されたそれを、韓国の人がどう発音するのか、日本語で言う音と近いのかどうか分かりませんが、私自身としては、うん、意味は好きかも。
壊れやすく、繊細ではあるけれど、透明な強さがあるというか。
でも実はすんごく強かったりもして。
こじつけかもだけれど、色を問わないのであれば誕生石に通ずるものがある気がして、偶然じゃないんだって勇気をもらえた気がします。
もしかしたら、私が不勉強なだけで、他の言語でもよく使われている音なのかも知れませんね。
今のところ、私が興味を持って調べている範囲では、忌避するような意味を持つ言語は見つけていませんが、出来れば、私が知らないところでも、あんまり変な意味ではありませんように。
[PR]
2014年 01月 28日 |
b0090654_11474445.jpg買ってもらってからちょうど1ヶ月、ようやく私のギターさんの居場所を確保出来ました。
持ち歩く予定もないし、もともとケースのない中古品だったし、ということでずっと使用頻度の少ないリビングのテーブルの上に置いていたんですが、なんとなーく見た目的に大事にしていないような気がしてたんですよね。
はじめはだんなが(手持ちの材料その他で)作ってくれると言っていたんですが、新品でも税込みでC$15未満だったので、買ってもらっちゃいました♪
壁掛けするタイプにするか迷ったのですが、掛ける場所が見つからなかったし、このタイプならスペースも取らない上にいつでも移動出来るから、掃除の時にも手間じゃないよなと思いまして。

毎日ではないけれど、ちょろちょろと練習をし、最近は楽譜を見て音を探せるようになりました。
どの弦のどこを押さえればいいというタブは結構簡単だったのですが、でもそれだと弾いてみたい曲が全部あるワケじゃないので、ピアノと同じように、楽譜を見て音を取れるようにならなくちゃいけないんですよね。
ピアノと違うのは、6本の弦で、同じ音を出せること。
なので、その前や後にある音に合わせて、どの弦を使うのかを考えなくちゃいけないんですよねー。
こういうのは、弾いていれば自然に分かるもんなんでしょうかね?
とりあえずまだ今は、一音ずつを追うのに必死で、ジャカジャカ鳴らすコードはまだまだずっと先になりそうです…。

しかし考えてみると、私に韓国語を習いたいと思わせ、ギターを弾けるようになりたいと決意させた人って、すごいのかも。
日本語でさえ不自由な私がカナダにワーホリで来て、だんなと出会って、今でならそこそこ英会話も出来るようになったと思いますが、もともとはだんなのためじゃなく、自分がやりたいと決めたことだったんですよね。
でも今回は、ただ、その人のため。
その人が韓国語を話すから、動画サイトでその人が何を話されているのか知りたくて、韓国語を習いたくなって。
その人がギターを弾かれるから、せめて公開されている曲だけでも弾いてみたくて、ギターを手にして。
韓国語もギターも、何度も習う機会はあったんですよね。
実姉が高校生の時にギターをはじめ、バンドを組んでベースを担当したりもしてたから、身近にあったわけだし。
さらに、その姉が結婚後、だんなさまのご家族と韓国に関係する仕事をした時には、基本的な会話程度は勉強していたようだし、韓国のドラマが日本でブームになり、ちょうどSMAPの草彅くんが辞書みたいなものを出版した頃だったから、始めるにはいい時期だったんだろうけど、その時には興味がなくて。
そもそもそれ以前に、カナダに来て通った語学学校のお友だちは韓国の人が多かったんですよねえ。
唐辛子系が苦手だった私が辛ラーメンを食べられるようになったみたいに、その時に韓国語を教えてもらっていれば、今苦労することもなかったのかなあ。
今考えてみれば、それなりに好意を寄せてくれた人もいたみたいだし。(←こういうことに疎くて、何度も友人に責められた経験あり)
ともあれ、私が好きになった人が日本語を勉強してある程度話せるようになってくれたように、私も韓国語を(せめて日常会話だけでも)やりとり出来るように頑張るよ!

…余談ですが、私がハマったからなのか、だんなも同じ動画の英語字幕を見て、楽しんでいるようで。
私はまず、日本の漫画があって、それが好きで海外で制作されたドラマを見て、特に韓国版にハマっちゃったんですが。
だんなは、私がハマった人の最新情報まで検索し、今どうしているとか、公的インタビューではこんなふうに答えていたよとか、日本語に訳されていないところまで教えてくれるようになり。

…喜んでいいのかなあ?
今さらだけど、基本的に、だんなを含めて自分以外の人にこんなに入れ込むことなんてなかったから、自分でも戸惑っているんだけど。
それって、だんなにとってはどうなんだろう?
奥さんが、俳優やアイドルに夢中になるっていうのはよくあることだと思うけど、そのためにライフスタイルまで変えるってのは、あり?
…そういうことを含めて、理解してくれるだんなに、本当に感謝です。
いつも私と同じ視点にいてくれて、ありがとうね。

[PR]
2014年 01月 08日 |
b0090654_00484787.jpg本日、寄ってみたコンサインメントストアでラッキーにも見つけちゃいました。
韓国語を話す人のための英語基礎なのか、英語を話す人の韓国語基礎なのかよく分かりませんが。
とりあえずは、ハングルの読解と、韓国語での言い方が少しでも分かればいいなあ。
b0090654_00474231.jpg中はこんな感じ。
左ページに英語が、右ページにそれに対応するハングルが書いてあります。
その下にハングルで説明文(?)が書いてあるので、韓国語を話す人のための英語の本なのかも?
そして私はさらに、ハングルをひらがな表記したものと日本語訳を足さなくてはいけないワケですね。
一番の目的はヒヤリングなんですけど、そもそも音を聞いて意味が分からないといけないので、英語を習ったときのように地道に頑張らないと!
あとはドラマとかラジオとかで耳慣らしかな。
ふ〜、先は長そうだ…。
[PR]
2013年 12月 29日 |
b0090654_413449.jpg弦、張りましたよ〜。
手順を写真付きで紹介してるサイトさんや動画とにらめっこしながら作業したんですけど、生まれて初めてのことだから結構時間がかかっちゃった。
b0090654_4135524.jpgブリッジ部分の結び目、余りの部分がブリッジの上ではなく下側に来るようにしないといけなかったのを途中で気付いてやり直し…。
しかも太めの3本はスチール弦だから、結構指が痛かった〜。
b0090654_41456.jpgヘッド部分も、ペグをどっちに回せばいいのかとか、穴のどっち側に寄せて巻くのかとか、結び目の向きとか、いやはや、なんだかとっても面倒でした。
ともあれ、あとは(特にナイロン)弦が馴染んだら余りを切って終了。
さー、練習すっぞ〜!
[PR]
2013年 12月 28日 |
b0090654_1504133.jpgということで、本日はギターのメンテナンス開始です。
まずは錆の浮いていた弦を取り外してみました。
全体を固く絞ったタオルで拭き、その後レモンオイルを軽く塗布。
ヘッドのペグ部分は、細く裂いた布で拭いてから、錆び止めを兼ねた潤滑剤を塗り込みます。
b0090654_1505120.jpgサウンドホール内のステッカー。
b0090654_15117.jpg初心者用の練習本(CD付き)、チューナー、ピック等も用意しました。
弦は、ジャズ好きでギターも弾けるだんなのお友だちが『女性で初心者なら、スチール製だと指を痛めやすいから』と薦めてくれたナイロン製をチョイス。
塗布したオイルが落ち着くのを待って、明日にでも弦を張るぞー。
[PR]
2013年 12月 27日 |
b0090654_1501310.jpg先日の日記で習ってみたいとぼやいたギター、我が家にやってきました!
だんなが義弟くんとこっそり探してくれていたらしく、中古でケース等もないけれど、サプライズギフトです。
中古とは言え、ヤマハ製のDaynamic GUITAR S70という1966年くらいに作られた、当時で定価6,000円という結構いいものです。
とりあえずはきれいにして、コードとかを覚えねば!
ファイティン!
[PR]
2007年 05月 21日 |
帰国から戻って1カ月。
もう1か月、というより、まだ1か月、という感じ。
日本にいた6週間ってあっという間だったのに、戻ってきてからの4週間が結構長く感じるわ~。

b0090654_0575696.jpgさて、実はずーっと興味があったんだけど、なかなか始めてなかったものをやることにしました。
それは、『手話』。
実姉が学生の頃にちょっと習っていた時に、知っていたらいいかもなぁと思ってはいたんですよね。
で、カナダにワーホリで来た時に、英語の手話も習って通訳ができたらもっといいかも!と考えて(発音気にしなくていいからさ…)。
そして、偶然、だんなのお友だちT氏のお子さんが聾者だったことも、手話を見直すきっかけとなり。
さらに、ダイビングを始めたら、手話を知っていたら水中でもだんなと会話ができるじゃん!と気付き。
日本語の手話は知らないままだけど、とにかく英語からでも始めてみます(だんなも強制的にやらせます:笑)。
がんばるぞー!

ちなみに、買ってきたこの本(C$22也~)の表紙のサインの意味は、『name』です。
[PR]
頁とっぷ
ほおずき市 Skin by Sun&Moon