胡桃林の寝子日和。

chats.exblog.jp
讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
ブログトップ
<   2009年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧
|
|
2009年 06月 29日 |
b0090654_545924.jpgうちの庭の池のぎょぴちゃんと鯉ぼん。
真ん中の黄色いのと右側手前にいる赤色が入っているのが鯉ぼんです。
金魚も2年も経つとこんなに大きくなっちゃうのね〜。
そういえば以前、金魚は水槽が大きければ大きいだけ、でかくなると聞いたことがあるので、もしかしたら鯉ぼんたちと同じくらい大きくなってくれたり…するんだろうか?
さて、本日はバンクーバーに住むお友だちBさんとディナーでござんす。
彼女のお誕生日が5月の末だったのですが、なかなか時間が合わなくて延び延びになってしまい、結局1ヶ月も遅れてしまいましたが。
彼女の仕事が終わる夕方6時に待ち合わせをし、向かったのはOUISI BISTRO
New Orleansレストランということで、フレンチ風であり、ジャズテイストありで、なかなかにこ洒落たお店です。
また、普段は週末だけのライブ・ミュージック(もちろんジャズ)も、ちょうどJazz Festival開催中で、平日でも演奏してくださるという特典付きでした。
b0090654_551157.jpgこちらが私が食べた、Pepper Crusted Chicken Breast(C$20)。
たっぷり黒胡椒をつけたチキンを、ほうれん草、ニンニク、ブリーチーズとピラフや温野菜とともにいただきます。
これがもう、まず、すんごくいい香りでね!
もちろん、私が胡椒のピリ辛やニンニクが大好きだからなのかもしれませんが。
とにかく好きなものを全部詰め込んだようなこの料理は、私にはもう何度でも食べたい!と思うくらい美味しかったので、絶対にまた食べに行くんだい!
b0090654_5371749.jpgこちらがBさんが頼んだCreole Beef Tenderloin Tips(C$18)。
食べやすい一口サイズのビーフをクレオール風に味を付けたものと、温野菜、ポテトを付け合わせたもの。
これも一口いただきましたが、ウンマ〜〜〜〜〜!
このお店は全体的に、コンセプト通りちょっとピリ辛な味付けがメインなのですが、これがまた美味いんだな!
今回の2品以外も美味しそうなので、試してみなくては!なのです。
Bさんが言うには、ランチや週末のブランチのメニューもオススメらしいので、また機会を見つけて来たいと思います。
また、かなりたくさんの種類のビールを置いてあることでも有名らしいので(日本のものはアサヒとサッポロの2つがありました)、ビールとピリ辛料理がお好きな人には是非!!!トライしていただきたいお店でございますよ〜。
[PR]
2009年 06月 28日 |
うちから車で5分くらいのところに新しいギリシャ料理のレストランが出来たので試してみようということになりました。
が、行ってみたらなんと、駐車場のまわりに立ち入り禁止のテープが貼られてるじゃないですか。
他にどこも考えていなかったし、でも今更また家に戻って作るというのも面倒で、どうしようねえと迷っていたら、だんなが『いいところ連れてってあげる!』と突然思いついたように言って、車をUターンさせまして。
どこに?と聞いても教えてくれないので、放っておいたらなんと、ハイウェイに乗って、しかもバンクーバー方面ではなく、逆の東に向かって走り始めるじゃないですか。
そんな方に何かあったかなと思いつつ、よく行くAbbotsford市を通り過ぎ、さらにMission市まで抜けるあたりになってようやくハイウェイからおりまして。
b0090654_1435755.jpgようやく車を停めたのは、WILDCAT GRILLというところ。
場所的には、Bridal Fallsの近く、Harrison Hot Springsへもすぐです。
ハイウェイや大通りに面しているわけでもないのによく知ってたなーと思ったら、以前、オフロードのバイクツアーに行った帰りに、みんなとここで夕食を食べたのだとか。
なるほど…。
b0090654_1461619.jpg店内は、明るすぎず暗すぎず、落ち着いた感じです。
着いたのが8時くらいだったのですが、わたしたちが入った時にいたお客さんは、店内には10人くらいの若者の団体さんと老若4人の夫婦の2組だけ、外のパディオにもカップルが2組くらいいただけ。
週末の夜なのに大丈夫なのかな〜?
まあ、そもそも立地的に人があまり住んでない地域だから、こんなものなのかしら?
b0090654_1462967.jpgまずはサラダから、MOUNTAIN CAESAR(C$7.95)。
かなりボリュームがあり、ひとりで食べたらこれだけでお腹が一杯になってしまいそうなくらいの量でした。
レタスはシャキシャキだったし、パルメザンチーズもたっぷりかかってて、美味しかった〜。
b0090654_1464330.jpgこちらが私の夕ゴハン、本日のオススメメニューだったGrilled Halibut(C$18.95)。
これ、魚が小さいんじゃなくって、ピラフが大量なんです(笑)。
ピラフかフレンチフライかベイクドポテトかを選べたのですが、お魚には米よね〜と私はピラフを選びました。
ハリバットはジューシーで美味しかったし、ピラフも薄味でグーだったのですが、付け合わせの温野菜のニンジンが山盛りで、食べても食べても減らず、ちょっとうんざり…(や、味は良かったんですけどね!)。
b0090654_1465745.jpgだんなは、8 OZ. TOP SIRLOIN(C$15.95)。
お肉の焼き具合もちょうど良く、味もグー。
でも付け合わせをフライにしたのにピラフが来てしまい、換えてもらおうとしたら、タダでフライを追加してくれました。
ラッキー(笑)。

どちらも美味しかったのだけれど、片道1時間かけてまで行くほどかと言うと、そうでもないかも?
まあ、近くに行った時にお腹が空いていたら、また寄るかもです。
[PR]
2009年 06月 28日 |
b0090654_835526.jpg先日切った棚用の板を、組み立てました!
切ってから組み立てるまでに時間がかかってしまったのは、溝を彫った板が、溝のない面に向かって湾曲してしまったため、それを真っ直ぐに戻すために、ちょっと圧力をかけて伸ばしていたからなんです。
でもそのおかげで、どうです、なかなかにいい出来じゃないですか?
外形はねじで留め、浅い棚は強力な木工用ボンドで溝に固定しました。
b0090654_836569.jpgそして、とりあえず、こんなふうに使いたかったんです、の例。
数種類ある書道用の半紙を分けて入れられ、出来れば条福の作品や掛け軸も収納出来る棚が欲しかったんですよ。
でも、この半紙というのが、一般的な書類の大きさであるA4よりも大きく、コピーをする時にはB4くらいが妥当かなというサイズで、おそらくカナダでは使われない大きさなんですよね。
なので、それらを収納出来る整理棚なんてものはなくて、作るしかなかったのです。
もしかしたら将来、もっと大きな、例えば引き出しがたくさんあるような整理箪笥が欲しくなるかもしれませんが、今のところはこれで充分以上に満足♪
作ってくれただんなに、感謝です〜。
[PR]
2009年 06月 28日 |
b0090654_6531519.jpgお友だちのSくんから、鯉をいただきました!
先日カラオケに行った時に、遅れに遅れたクリスマスプレゼントの交換をしたのですが、これはだんな用(!?)にと(もともとSくんはだんなの紹介で知り合ったのさ)。
うちの庭に大きな池があり、金魚を飼っているのを知っているので、『一緒に入れてあげて』って。
いっちょまえに、ちゃんと口ひげもあるんですよ〜。
体長10cmくらいで、鯉としてはまだ稚魚になるのかな?
でも、金魚のぎょぴちゃんたちが今ちょうど同じくらいの大きさなので、池に放してしまうと、黄色い方はともかく、オレンジ色の方は同じようながらのぎょぴちゃんがいるので、区別がつきません〜(苦笑)。
これから、どれくらい大きくなってくれるのか、楽しみです。
b0090654_6533195.jpgこちらは、だんながフリーマーケットで買ってきたブルーベリーの木。
もともとだんなはブルーベリーが大好きで、ブルーベリー狩りに行きたいと言っていたのですが、3鉢でC$10と、とてもお値打ちだったので、自分ちの庭でブルーベリーが採れればなおよい!と即決で購入したそうです。
b0090654_6534225.jpgすでにかなりの数の実を付けています。
お店やレストランなどに出回るのは、たいてい8月半ば、ちょうどお盆頃なので、それまでに色づいてくれるといいな〜。
というか、もうすでにだんなはブルーベリーの収穫を楽しみにしています(笑)。
b0090654_6535417.jpgそして、こちらは私が収穫を楽しみにしている、裏庭の林檎たち。
2年ほど前、だんなが抜いてしまうつもりでかなり思い切って枝を払ったのですが、結局根っこがしっかりとしすぎていて抜けず、放置してありました。
そして今年、枝がなくなって栄養がよく行き渡ったのか、かなりたくさんの実を付けてくれたんですね〜。
ゴルフボールくらいの大きさですが、すでに赤くなりかけているものもあり、食べられるといいなあと期待しています。
今までも実を付けたことはあったのですが、食べられるほど熟れる前に鳥さんたちに突かれちゃっていたんです。
なので、今年は結構たくさんあるし、少しくらいはわたしたち用に残るといいなあ。
[PR]
2009年 06月 24日 |
本日は、久しぶりに朝からしとしとの雨。
予報では1日中降ると言っており、夏至も過ぎたというのに肌寒い日です。
そんな中、お友だちのみりんさんから、『ゆいとマミーさんがいらっしゃるのでよろしければお出でください』とお誘いをいただき、誘われれば断らない私は、お昼ちょっと前に、いそいそとお邪魔しに行ってきました。
今日は、ゆいとマミーさんと結央くんと亜梨沙ちゃん、みりんさんとチビ助くん&ミニ助くん、私の大人3人とお子さま4人のみ。
結央くんとチビ助くんが元気いっぱい家中を動きまくっていて、なかなかににぎやかでした。
b0090654_2354898.jpgさて、みりんさんが用意してくださったランチは、トマトソーススパゲティ。
このスパゲティ、見た目は全粒粉っぽいのですが、なんと米粉から出来ているんです!
味は、普通のパスタと比べると多少クセはありますが、全粒粉のパスタやパンが食べられる人なら大丈夫。
また、食感は結構もちもちとしていて、パスタというよりもうどんに近いかも。
でも、美味しかった〜。
みりんさんはお庭で野菜やハーブをいろいろ育てていらっしゃるので、色よく添えられたオレガノとパセリもレストランのような見た目で、レストランよりもうんと味も香りもいいのだ!
b0090654_236181.jpgさらに豪華なおかずも。
トリの南蛮漬け風、ポテトサラダ、タマネギのマリネ。
どれもあっさりとしていて口当たりがよく、どんどん食べられちゃうのが困る〜。
南蛮漬けはお魚でと思っていましたが、トリでもイケる!
カナダでは美味しいお魚が手に入りにくいのですが、これからはトリで作れるわ〜。
ポテトサラダも、いつもマヨネーズを使ってしまいますが、あっさりとお酢の味付けも美味しいということが判明。
健康に良い食事をされているみりんさんのお料理は、いつも勉強になります。
そして、タマネギのマリネが大好きな私は、もちろんいただいて帰りました(笑)。

さらにおやつは、ゆいとマミーさんが持ってきてくださったエッグタルトと、私が持参したモンキーブレッドで、パンパンです。
エッグタルトは中国系のスーパーで買われたそうですが、プリンのようで甘みも控えめで、美味しかったです。
また、モンキーブレッドはチビ助くんにも気に入ってもらえたようで、よかったー。

みりんさん、ゆいとマミーさん、楽しい時間とおいしいゴハンをありがとうございました!
[PR]
2009年 06月 21日 |
b0090654_104876.jpg曇天で日差しも弱く、気温も高くない本日、イチゴ狩りに行ってきました!
昨年の今頃、お友だちに誘っていただいたのに指先を削いでしまったために行けなかった、そのリベンジなのです(ちなみに当時の傷跡は今でもうっすらと残ってます…くすん)。
本当は、昨年お友だちが行かれたところへ行きたかったのですが、シーズン真っ盛りの週末ということで駐車場もないくらい混んでおり、諦めて来る途中に見かけた別のところへ行くことに。
Driediger Farmという、そんなに大きなところではありませんが、ファームの方々の対応もてきぱきと手際よく、でも親切で、とてもよかったです。
b0090654_10482090.jpgどーんと広がるイチゴ畑。
結構な人出はあったのですが、これだけ広いとまばらにしかいないように見えてしまいます。
b0090654_10483293.jpg測量および支払いはここで。
自前の容器を持ってきた人は、苺を摘む前にここでまず容器の重さを量ってもらいます。
また、持ってない人でも、ここでバケツを購入することが出来ます。
値段は、1lb(約450g)あたりC$1.50。
普通にスーパーで買うよりもうんと安いです。
しかも、自分で摘むので、形や大きさを揃えることも出来ますし、傷んだものをよけたりも出来るので、絶対こちらの方がお得です。
また、すでに摘まれたイチゴを購入することも出来ますが、それでも重さあたりの単価は市販品よりも安いんじゃないかな。
ちなみにわたしたちは、1時間もしないうちに7lb弱ほどを収穫しました〜(それでもC$10くらいでした)。
b0090654_10484596.jpgそのあと、個人のお家で有機野菜を栽培しているところへ寄りました。
というか、実はうちから大きな道路を越したお向かいさんなんですけどね。
いつも道路にサインは出ているのですが、気になってはいても、通り過ぎる時にちらっと覗いたりしても畑などが見えず、本当にあるのかな〜?と半信半疑だったんですよ。
でも、行ってみてよかった!
イタリア系の、もう退職されたおじいちゃんが趣味でやっているような畑でしたが、結構な種類のお野菜がどーんとありましたよ!
今日の時点で、レタスや長ネギ、ビーツなどはすでに収穫OK、あと1、2週間もあれば豆類やニンジンなどの根菜類も大丈夫になるだろうということでした。
おじいちゃんで、しかもイタリアなまりの英語ということで話をするのにはちょっと聞き取りにくかったのですが、それでも人柄は良さそうな方だったし、何よりうちから徒歩数分(もかからないかな!?)という近さなので、夏の間はお野菜はここで買わせていただこうかなあと思ってます♪
b0090654_10485868.jpgということで、これらが本日の戦利品。
イチゴの容器は、スーパーのデリカウンターの人と話をしてタダでもらったバケツです(笑)。
結構しっかりしているし、イチゴなら10lb(約4.5kg)くらいは軽く入りそうなくらいのでかさがあり、これを2つもらったので、イチゴだけでなくブルーベリーなども摘みに行きたいと思ってます。
そしてご近所さんで買ったレタス3種とバジル。
これでたったC$3とは、有機野菜としては破格のお値段です。
しかも、誰が作っているのかというのもちゃんと分かっているし、近いから欲しい時に欲しいものをちょろりと買いに行けるし、いやあ、いいところを見つけたよ〜。
b0090654_1049128.jpgちなみにこちらは、先日買い物に出かけた時に、韓国系のスーパーで見つけた青梅を梅酒にしようとウォッカ(ホワイトリカーはないので)に漬けてみたもの。
氷砂糖も見つからなかったのでグラニュー糖で代用してますし、梅そのものも傷みが結構あったりしてますが、ま、自分用だし、何でもいいのさ〜。
どうせだから、どっかりと摘んできたイチゴも、漬けてみようかな。
ふっふっふ、美味しいもの&美味しくなりそうなものがいっぱいで、ほくほくうれしいわ〜ん。
[PR]
2009年 06月 20日 |
本日は、だんなが自転車屋さんめぐりをしたいというのにつき合って、ぶぶっとドライブへ行ってまいりました。Lnagley市、Maple Ridge市、Mission市からAbbotsford市と、結構走りましたねえ。
そして、お腹がすいた!とうるさいだんなが、遅昼に選んだお店は、GIAN'S INDIAN CUISINE。
以前も何度か利用させてもらっていたのですが、以前レストランのあったところはパーティ専用にし、新しく少し離れたところにレストランを開店したのです。
新しくなってからはまだ食べたことがなかったので、せっかくだから行ってみよう!と思ったわけですよ。
b0090654_10264360.jpg頼んでみたのは、インドレストランでは必ずだんなが頼むButter Chicken(C$10)、チーズボールが入っているクリーミーなMalai Kofta(C$8.50)とBasnati Rice(C$3)です。
カレーは辛さを選べるので、とりあえずはミディアムでお願いしましたが、辛いもの大好きな私にはちょっと物足りなかったかな?(だんなにはちょうど良かったようですが)
以前と変わらず美味しかったのですが、メニューの数がちょっと減っており、だんなお気に入りの揚げナンがなくなっていたのが残念。
b0090654_10265826.jpgその代わり増えたメニューもあって、こちらは初めて見たMeat Samosa(C$2)。
サモサって普通はベジタリアンレシピだと思っていたのでびっくりして頼んでみましたが、トリひき肉が入っているのもそれなりに美味しかったです。
でもやっぱり、ポテトメインのいつものサモサの方がスパイスとの相性からすると、私は好きかな〜?
ま、野菜か肉か、その時に食べたい気分で選べるのはうれしいですけどね。
[PR]
2009年 06月 19日 |
久しぶりに、ご近所のお友だちと夕ゴハンを食べに行ってきました。
誰か彼かが日本に里帰りしてたり、集まれそうな時でも車がなくて出かけられなかったりする人がいたりで、なかなか集まれなかったんですよね。
今回は、sevenちゃん、ルビーさん、Shortyさん(&娘のTちゃん)、うぇびーさんと私、そして初めてお会いするMさんの6人でした。
集合場所は、日本食レストランのJapan Sushi
実はうちから結構近いのですが、だからこそ、テイクアウトは利用してもあまり店内に入ることはなかったりするので、覚えている時のものよりもメニューも綺麗になっていたりして、なんだか新鮮な気分でした(笑)。
b0090654_9522972.jpg喋りつつ、喋りつつ、喋りつつ(くどいよ!)私が頼んだのは、DINNER BOXのC(C$14.95)
サーモン、マグロの握りが2巻ずつとエビが1巻、ダイナマイトロールに、照り焼き(チキンかビーフ、+C$2でサーモンも選べます)、揚げ餃子2つとサラダ。
さらにご飯とお味噌汁が付くので、すごいボリュームです。
ここのお店のはテイクアウトでももちろん美味しいのですが、やっぱり作りたての方がいいですね〜!
当然(?)食べきれるはずもなく、半分くらいはお持ち帰りと相成りましたけど。
b0090654_9524440.jpgこちらは、sevenさんとルビーさんがシェアしたOISHI PLATTER(For 2)(C$21.95)。
カリフォルニアロール、BCロール、ダイナマイトロールにサーモン、マグロ、エビ、鯛の握りが2巻ずつです。
他にも2〜5人用のSUSHI TRAYがあるので、『みんなでお寿司が食べたい!』、でも、いちいちあれこれ頼むのも面倒!という時には、なかなか良さげです。
b0090654_9525697.jpgさらに、上記おふたりが頼んだAppetizer Tenpura(C$4.95)。
天ぷらの盛り合わせはたいていの和食レストランにありますが、盛りつけがいい!と思えるところって、結構少ないんですよね。 
べつに特別変わったお皿などを期待しているわけではありませんが、この竹のお盆は可愛かったー。

そして、夕方5時半から9時まで長居し、さらにそのあとスターバックスに移動して喋り続け笑い続け、あっという間に私はおネムの時間となってしまいました。
お腹いっぱい食べ、笑いすぎて腹筋を使いまくり、いやあ、お腹に負担をかけまくった夜でした(笑)。
でも、楽しかった〜!
また集まろうね!
[PR]
2009年 06月 17日 |
朝はちょっと雨が降ったけれど、お昼頃にはお天気も回復した本日は、午後からゆいとマミーさんにランチ会にご招待され、お邪魔してきました!
集まったのは、ゆいとマミーさん、みんさん、きゃびっちと私の4人と、乳幼児を合わせてお子さま3人。
b0090654_2392127.jpgこちらが、ゆいとマミーさんが用意してくださった豪華手料理ランチ。
なつかしのひつまぶしを彷彿とさせるうなぎご飯、レモンがさっぱりと効いていていくらでも食べれてしまうチキン、みそソースが美味しかったナスのオーブン焼き、唐辛子がきりりとしてておつまみに最適なシーフード春巻き、グリーンサラダにいくらご飯。
午前中は他のご用事があってお忙しかったはずなのに、パパぱっとこんなにもたくさん作れてしまうとは、いつもながら尊敬です。
また、きゃびっちがアプリコット・パウンドケーキを焼いてきてくださったり、みんさんがぬれせんべいをご持参くださったりと、目にもお腹にも贅沢なものばかり。
外が明るいので時間の感覚が狂い、気がつけばあっという間に7時を過ぎており、びっくり。
ご招待くださったゆいとマミーさん、そして楽しく美味しい時間を共有してくださったみなさま、ありがとうございました〜!
[PR]
2009年 06月 16日 |
本日深夜2時に新しく開通した、Maple Ridge市とLangley市を結ぶ橋、Golden Ears Bridgeを見に行ってきました!
この橋は、カナダではめずらしく通行料のかかる橋ですが(というかおそらく今後は他の橋やハイウェイも徐々にお金を取るようになるんじゃないかな…)、開通から1ヶ月は無料で通れるのです。
で、映画等でも『封切りの日』に拘るだんなが、仕事から帰ってきてから『せっかくだから初日に見に行こう!』とはしゃぎまして…。
…そういえば、どうでもいいけど、開通時間とか夏時間等の変更もそうだけど、なんで深夜12時じゃなくて2時なんだろうね?
b0090654_2313059.jpgということで、橋はこんな感じ。
片側3車線で、結構広いです。
初日だからなのか、すでにたくさんの通行量があり、わざわざこの橋の開通をお祝いするバイクの団体さんもいたりしました。
また、交通情報を聞いていたら、これまではラッシュの時間は1時間以上の待ちは当たり前だったフェリーの方は待ち時間なしで乗れると言っており、びっくり。
これで渋滞が緩和されればいいんですけど、その考えはきっと甘いんだろうなあ。
b0090654_23131311.jpgMaple Ridge市方面からの入り口には、この橋のイメージモデル(?)である黄金色の鷲がお迎えしてくれます。
b0090654_23132524.jpgこれが料金支払いシステム。
このシステムは、フェリー同様、Vancouver市を走るバスやスカイトレインの会社、Trans Linkが管轄しているものです。
日本の自動料金所のETCのようなもので、あらかじめ車にQuickpassと呼ばれるものを取り付けておき、橋を通るとセンサーが車種とナンバープレートを読み取り、料金が徴収される、らしい。
ただし、日本の料金所のように減速しなくていいので、一応は渋滞緩和には役に立つんじゃないかな〜?
b0090654_23133658.jpgまた、橋の上にも何ヶ所か黄金色の鷲がいます。
さて、この橋、交通・経済等を含め、今後どんな影響を及ぼすことになるんでしょうか。
造られたことを残念に思うような結果にならないといいんですけどね。
ただ、私としては、長年続いているフェリーも、運航を続けてくれるといいのになと思っています(橋の無料通行期間が終わる頃には運行停止になることが決まっていますが、もったいないよ〜…)。
[PR]
頁とっぷ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
水盤 Skin by Sun&Moon